最新鋭の専用ドローン「ELIOS2」が
貴社の設備点検のコストを大幅削減!
「日本ドローンアカデミー」が手掛ける新事業

"屋内特化型"ドローン点検事業

ELIOS2を使うべき3つの理由

ELIOS2を使えば、驚きの作業効率向上・費用対効果を生み出せます。

安全性の向上​
 
建設作業員

どのような屋内環境でも目視での遠隔調査が可能です。作業員が危険な場所に入って作業することはありません。

作業効率の向上
 
建設作業員

短時間での準備が可能です。点検作業時間も、数日間から数時間へと大幅に短縮できます。

コスト削減
建設作業員のシルエット

ELIOS2を使用すれば、足場もクレーンにかかる費用が削減できます。また人件費の削減にも大きく寄与します。

 
 

​機体紹介「ELIOS2」

「ELIOS2」は、点検に手間とコストがかかる場所で「より安全に・より早く・よりコストを抑えて」点検する目的で開発されました。

​「ELIOS2」は、通常のドローンでは飛行困難な(GPSが届かない)場所で大活躍します。

紹介.png
 

点検設備対象

ELIOS2は主に、以下のような設備の点検を対象としています。

外郭放水路
外郭放水路
press to zoom
地下鉄
地下鉄
press to zoom
地下水路
地下水路
press to zoom
タンク
タンク
press to zoom
煙突
煙突
press to zoom
橋梁
橋梁
press to zoom

最新ニュース

ELIOS2等、点検用ドローンの安全な活用促進に向けての最新情報をお届けします。

​※イメージ画像です

プラント保安分野におけるドローンの安全な活用の促進に向け、「ガイドライン」と「活用事例集」を改訂(METI/経済産業省)

経済産業省は、プラント保安分野におけるドローンの安全な活用の促進に向け、2020年3月27日、消防庁、厚生労働省と連携し、昨年3月に策定した石油精製、石油化学等のプラント屋外でドローンを安全に運用するための「ガイドライン」と、国内外企業の先行事例を盛り込んだ「活用事例集」を改訂するとともに、「目視検査の代替可能性に関する考察」を取りまとめた。

 
 
 
ドローンアカデミー.png

ドローンを安全に飛行させる為の正確な知識と操縦技術を取得し、飛行業務の安全を管理する 人材を養成することを目的として、2016年5月にJUIDA認定スクールとして開校。17年6月には 無人航空機等の操縦者に対する技能認証を実施する講習団体として国土交通省航空局より認定。 これまで多くの卒業生ドローンパイロットを活用し空撮や調査点検作業をしておりましたが、 この度通常ドローンでは不可能なエリアの点検作業を実現するべく、最新機種ELIOS2を導入し、 屋内に特化した調査点検の仕組みを構築いたしました。

卒業生数 431名(2019年12月末)

全国校 東京/札幌/名古屋/大阪/沖縄(2019年12月末)

お問い合わせ

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-4-2-4F 

ENBUゼミナール内 日本ドローンアカデミー

TEL:03-6421-7505 

MAIL:info@drone-a.com 

URL:http://drone-a.com